FC2ブログ
ボートエギング・ジギングの フィッシングボート空風(そらかぜ)

国内に数名だけ (笑)

IMG_20210119_134730_20210119134820.jpg



昨日、PEラインについてお話しました

船長は年中1号のPEラインを使用しているのには訳があるんです

出来れば船長も0.8号くらいのPEラインを使用したいのですが無理なんです

理由は0.8号のPEラインを使用して本気モードでしゃくるとPEラインが切れてしまうんです

えっ!!と思うでしょうが、船長の私用しているロッドは硬いので

エギをしゃくったらロッドが硬い為、衝撃がまともにエギに伝わります

PEラインにもかなりの負荷がかかるので、0.8号のPEラインなら切れてしまうんです

今は昔のようなシャクリ方はしていませんが、昔は信じられないでしょうが

船長が本気モード全開で勝負すると写真のリールのフット部分が折れてしまうんです (笑)

イグジストもステラも3000番は全て折ってしまいました

メーカーの方が言うには 「国内にリールのフット部分を折る方が数名いらっしゃいます!!」

その数名の一人が船長なんです (笑)

昔は渡船に乗って沖磯にエギングに行く時は、ロッドじゃなく予備のリールを数個持って行ってました

今は昔のようなシャクリ方はしないので大丈夫ですが

PEラインは衝撃でやはり切れてしまうから、年中1号を使用しているという事なんです (笑)

ロッドが硬いと言うのが原因のひとつなんです

船長の私用しているロッドはH (ハード)

今はMHでも硬い方なのに、もう1ランク硬いHなんです

まぁ簡単に言うと硬い棒でエギングしてるようものです

高い堤防でも2kg程度ならギャフなしでリフトできますからね

もうこんな硬いロッドは市販されていません

船長はなくなる前に予備も含めて買い込んでいましたので・・・・

じつはその硬いロッドを改良して、まだ硬くしてあるのでまさしく棒なんです (笑)



スポンサーサイト



強風吹きまくり

IMG_20210107_111022_20210107115703.jpg



きつい北風が吹きまくり状態ですね!!

沖合はウサギ跳びまくりで真っ白な田辺湾 とても出船して勝負する状況ではありません

まぁこの時期ですから仕方がないと言えばそれまでですが

あまりにも風が強い日が続いて、出船して勝負出来る日が数えるほどです

せっかく水温が高いのですが、これでは調査にも出れませんからね



DSCN5142.jpg



今日はPEラインについて書いておきますね!!

これからエギンガー待望のモンスター退治に入り出していきます

今は細いPEラインを使用する方が多くなっています

昔に比べれば細くても強度がかなりあがりましたからね

キャスティング勝負でモンスターを狙うなら、船長としては最低でも0.6号

出来れば0.8号のPEラインを使用してもらいたいです

よくお客さんがリーダーは何号が  と聞いてきますが

使用しているPEラインとの強度バランスが大切なんです

モンスターに備えてリーダーだけ太くしても、強度バランスが取れてないからすぐに結束部分で切れます

使用しているPEラインの3倍がバランスが取れたリーダーの太さです

1号のPEラインなら、1×3なので3号

0.8号のPEラインなら、0.8×3なので2.4 リーダーは2.5号がベストバランスです

あと大切なのは使用するPEラインの色です

赤系統のカラーはラインが見にくいので、船長は緑系統のカラーを勧めています

カラーが10mで変わるPEラインはお勧めではありません

ちなみに船長が使用しているPEラインは写真の1号です

太くて驚くお客さんが多いのですが、船長は年中これを使用しています

ヒットさせたら必ず仕留める!!

年間で数回しかないモンスターのヒット!!

ラインが細くて切れてしまったでは話になりません

年回で何回もヒットする獲物なら話は別ですが、かけたら必ず仕留める意気込みで勝負するべきです

ちなみにリーダーが細い方がよく喰うと思いがちですが

リーダーの太さは全くと言っていい程、関係がないと思ってくれていいですよ

リーダーの長さも2ヒロはとっておいて下さいね 




ボトムでのイカ狙い

DSCN6332.jpg



また風が強い日が続きそうです

この前に太刀魚がドッサリいてた!!との情報が船長に・・・・

夜に灯りをともしてアジ狙いをすると、太刀魚が寄ってくるのですぐにわかります

新しい群れが入り、楽しみになっていたイカ狙いですが

また太刀魚が群れで入り込んでいるなら、ヒットするのはボトムになります

エギを追って上に上がると太刀魚にやられてしまうので、イカはボトムにへばりついています

このイカを仕留めるのに、バンバン餌木をシャクってもイカは上には上がってきません

よく書いていますが、キャストして通常10回エギをボトムに入れるなら

20回は入れるようにシャクリを小さくして下さい

シャクった時にズシリと重みがあったらイカがヒットしています

全くアタリは出しませんので、とにかくエギを上に上げずボトムに入れる回数を増やして下さい

状況に応じて攻めていけば必ずイカは仕留める事ができますからね




1月17日 強風の為、欠航

DSCN6359.jpg



今日はお馴染みの大崎さんと猪木原さんがハーフ&ハーフの予定でしたが

またまた強烈な北風が吹き荒れる田辺湾

とても出船して釣りを楽しむような状況ではありません

二人とも 「また爆風やね!!」 と予報を見ていてあきらめてました

この時期は風との戦いでもありますが、あまりにも今年はきついですよね



船長に毎年届くLIVREの新しいカタログです

毎年ありがとうございます

今年はフィッシングショーも中止が決まったようです

今日はのんびり新しいカタログでも見てみます 



1月16日 ハーフ&ハーフ

DSCN6353.jpg



DSCN6354.jpg



今日は常連の谷口さん ・ それに辻田さんと松村さんがコンビでハーフ&ハーフ!!

出船する前に港で夜にアジ狙いで出ていた友人が

「船長!!太刀魚がビックリするくらいいててアジ全く喰わなかったわ!!」

昨日、イカ狙いでアタリがとまり良型が出なかった理由が太刀魚だったんですね

4匹ともボトムでしかヒットしなかったのが納得です

と言う情報を得たのでスタートのイカ狙いはボトム重視

やはり太刀魚のせいか喰いが悪く確保したのは1匹だけ・・・・



DSCN6355.jpg



DSCN6356.jpg



DSCN6357.jpg



喰いが悪く時間がもったいないので、ここからはお土産重視で魚狙い!!

沖合の深場に入り勝負開始だと思ったのですが

深場に入るとすぐに風が吹き始めます

予報では昼から吹く感じだったのに・・・・それも南寄りのきつい風なのですぐにうねりが・・・・

うねりがすぐにきつくなり深場勝負は完全に無理

風もきつく船は1ノット以上の速さで流されてしまいます

アッと言う間に大荒れ状態 



DSCN6358.jpg



何とかアオハタ1匹だけは確保しましたが、途中から雨は降るし最悪状態

予報に見事に裏切られてしまいましたね

やっと落ち着いた太刀魚がまた入荷してたとは・・・・

水温があがったので入り込んだようですね

またしばらくはイカ狙いはボトム重視で狙いましょう!!



12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
空風のフェイスブック
フェイスブックもやっております。
フィッシングボート空風

フィッシングボート空風

キャプテン:村上

キャプテンの村上です。
南紀田辺での楽しいボートフィッシングをご提供します。

対象魚:アオリイカ、根魚、青物、真鯛 etc...

キャプテンより
アオリイカをメインにキャスティングゲームを楽しみますが、エギ以外にジグ、ミノー、インチク、鯛カブラなどにも対応します。

救命胴衣、ケガ防止のサングラス・メガネなどは各自持参してください。
フィッシングボート空風の紹介動画★週刊「釣場速報」 ★人気動画★
●アオリイカのしめ方&墨抜き

●アオリイカの捌き方

空風の動画
カテゴリ
最新記事
最新コメント
QRコード
QR
リンク