FC2ブログ
ボートエギング・ジギングの フィッシングボート空風(そらかぜ)

リスキー補修



空風スペシャルベイトバージョン改良版の試し釣りもバッチリでしたね 

まだ色々と試しておかないといけない事もあるので、追い追い調査しながらベストバージョンを完成させますね

昨日、流し変えをせずにあえてそのまま調べていたのは理由があって

海の底の形状によって釣れる魚が変わります

岩盤地帯や砂地帯 ・ 泥地帯などで釣れる魚の種類が変わってくるので

あえて色んな形状で喰ってくる魚を調べておきたかった訳なんです

結果としては、全ての形状に居てる魚を仕留める事ができたのでバッチリでしたね




DSCN2573.jpg



今日はこの前にリスキのー補修方法をアップしておいたので

写真を撮りながら出来栄えをアップしておきますね

塗装が剥げてボロボロになってきたリスキーを補修していきます

写真はまだ船長としては大丈夫なのですが、今回はあえて補修しておきました (笑)




DSCN2574.jpg



塗装が剥げたリスキーに100均で売っているマニキュアを塗ります

今回は赤を塗りました

1回塗って乾いたら、また重ねて塗っていきます

今回は3回重ね塗りをしておきました

赤色は目立つように思いますが、かなり深場を攻めるには実は不向きな色なんです

このまま使用しようとは思っていないので、ベースに赤を塗ったと言う訳で・・・・

赤色が深場には不向きであると言うには、深海などの生息している例えば金目鯛

赤色ですよね これは深海になると意外と目立たない色であるからなんです

黒くみえるようになってしまうのですね

深海は暗いので闇と同じ色になって目立たなくなると言う訳なんです

金目鯛が生息するような深場は攻めないので、赤をベースに塗ったと言う事なんです




DSCN2575.jpg



数回ベースになる色を重ねて乾いたら

前回紹介したトップコートにグリッターを混ぜて重ねて塗っていきます

グリッターも100均で売っているのはご紹介しましたね



DSCN2548.jpg



これがトップコートに混ぜるグリッターです

船長は3色 ゴールド ・ シルバー ・ パールを混ぜました

ベースの色に応じて混ぜるグリッターの色は変えるのもいいと思います

ちなみに船長はいつもこのパターンなので・・・・

色々試行錯誤して釣果の良いカラーを見つけて下さいね

忘れてはいけないのが、ブレードにもマニキュアを塗っておくことです

船長の経験上、このブレードが1番大切な役目をしていますので

実は下地に塗る色もこだわってないのが本音なんですが・・・・(笑)

ブレードにはキラキラするゴールドかシルバーを塗ります

グリッターを混ぜたトップコートも数回重ね塗りすればOKです

全て100均で材料は揃える事ができますので、是非トライしてみて下さいね

補修したリスキーを使用して調査結果もまたアップしますね

このパターンで補修して仕上げたリスキーも良く喰ってきますからね 

次回補修時はベースの色を変えてみるつもりです

今回は船長が補修して喰ったパターンをご紹介しておきましたので・・・・(笑)









スポンサーサイト
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
空風のフェイスブック
フェイスブックもやっております。
エギングトーナメント

2014トーナメントは上記のバナーをご覧ください。




2013トーナメント内容



2012トーナメント内容



空風の釣果写真
空風の釣果写真

空風の釣果写真です。



旧釣果写真(Picasa版)

フィッシングボート空風

フィッシングボート空風

キャプテン:村上

キャプテンの村上です。
南紀田辺での楽しいボートフィッシングをご提供します。

対象魚:アオリイカ、メジロ、ブリ、ヒラマサ、シイラ、マダイetc...

キャプテンより
アオリイカをメインにキャスティングゲームを楽しみますが、エギ以外にジグ、ミノー、インチク、鯛カブラなどにも対応します。

救命胴衣、ケガ防止のサングラス・メガネなどは各自持参してください。
フィッシングボート空風の紹介動画★週刊「釣場速報」 ★人気動画★
●アオリイカのしめ方&墨抜き

●アオリイカの捌き方

空風の動画
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
潮汐表
Yahoo!天気情報
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
釣り情報ポータルFish/up!