ボートエギング・ジギングの フィッシングボート空風(そらかぜ)

アオリイカの沖漬

アオリイカ



昨日、タモちゃんと上田君がアオリイカを爆釣してたので

アオリイカの沖漬を作る為に、朝マズメ時間にアオリイカ捕獲に出てきました 

アオリイカは沖漬のタレを吸い込まないので、釣ったアオリイカを処理してからタレに

漬け込むのが美味しい食べ方だと思いますよ

釣った時に処理しておきたいのは墨

墨袋を上から押さえて墨を絞りだして持ち帰ります

これをしておかないと、台所は墨で真っ黒になるしゲソに付いた墨は水道水では落ちません

船長は処理する際も一切水道水は使用しません

古くなったタオルでふき取るだけなので、アオリイカの旨味は残ったまま沖漬が作れます



処理



まずはアオリイカの皮をはぎ、胴体部分を縦方向に切っていきます

イカの繊維は横に走っているので、縦方向に切るほうが柔らかく食べれますよ

イカのさばき方は、空風の動画にアップされていますから参考にして下さい



胴体部分



エンペラー部分



胴体以外



目玉部分



エンペラー部分もタオルで取れば、取りにくい皮もきれいになりますよ

内臓を抱いている部分は、1番ヌルヌルしますがここが最高に美味しい部分

タオルでしっかりふき取りながら処理していきます

目玉部分は目玉だけ取り去って、写真のように軟骨部分はタレに漬け込みます

くちばし部分も歯だけ取って漬け込めば美味しいですよ

全て一口サイズに切って、処理が出来ればあとはタレに漬け込むだけです

捨てるのは内臓部分と目玉と歯の部分だけです



処理完了



タッパに投入



漬け込み



各部分を一口サイズに切って用意完了です

今日は5匹確保できたので全てを処理してタッパに入れます

アオリイカの沖漬は、イカが小さいほど柔らかいので美味しいんですが

大きいサイズのイカでも小さく切れば、美味しく食べれますので大丈夫ですよ

タッパに全て入れてからタレをかけていきます

タレは、醤油 ・酒 ・みりんを1:1:1の割合で作ります

甘めが好きな方は、みりんを多めに入れればOKです

タレを最後に入れるのは、全て適量でタレが余らないようにするからです

イカが浸ればタレは充分ですからね

後は冷蔵庫に入れてねかせるだけです

3日もすれば美味しく食べれますよ お酒のアテには最高です 










スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
空風のフェイスブック
フェイスブックもやっております。
エギングトーナメント

2014トーナメントは上記のバナーをご覧ください。




2013トーナメント内容



2012トーナメント内容



空風の釣果写真
空風の釣果写真

空風の釣果写真です。



旧釣果写真(Picasa版)

フィッシングボート空風

フィッシングボート空風

キャプテン:村上

キャプテンの村上です。
南紀田辺での楽しいボートフィッシングをご提供します。

対象魚:アオリイカ、メジロ、ブリ、ヒラマサ、シイラ、マダイetc...

キャプテンより
アオリイカをメインにキャスティングゲームを楽しみますが、エギ以外にジグ、ミノー、インチク、鯛カブラなどにも対応します。

救命胴衣、ケガ防止のサングラス・メガネなどは各自持参してください。
フィッシングボート空風の紹介動画★週刊「釣場速報」 ★人気動画★
●アオリイカのしめ方&墨抜き

●アオリイカの捌き方

空風の動画
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
潮汐表
Yahoo!天気情報
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
釣り情報ポータルFish/up!