ボートエギング・ジギングの フィッシングボート空風(そらかぜ)

ライン操作

PEライン




今日は朝から強い北風が吹き続けていた田辺湾

西高東低の典型的な気圧配置だったので、やはり強い風が入ってきましたね

今日は運よくお客さんの予約が入ってなかったので良かったです

これから北西風に悩まされる季節になりますが、今日は風が大敵のエギングでのライン操作について書いておきますね

最近PEラインが細い方が多くなってきています

品質向上で細くても強いPEラインが出てきているので、エギングには力強い見方になります

さて風が強い日のエギングですが、どうしてもキャストは風下方向になってしまいます

風がラインを押すので横方向にはキャストしにくいですよね

これを解消する方法は2つだと思います

一つはPEラインが風の影響を受けないように、ロッドの穂先を海面それすれに落とします

船長は穂先を海の中に入れてしまう事もありますが、エギング終了時は必ず流水で洗い流す事を

忘れないで下さいね!!

何も考えずにいつも通りのエギングをしていると、風にラインを持っていかれエギも沈みづらくなります

横方向にキャストしたら、すぐにラインのふけを取り、ロッドの穂先を海面に近づけるだけでかなり変わります

ほう一つの方法はエギをDEEPタイプに変更して沈む速さを早める事です

ラインが風に押される強さよりエギが沈む強さが勝てば横方向でも探っていく事が可能です

PEラインは太くなるほど、潮や風の抵抗を受けやすくなります

ただPEラインを細くすれば大物を狙う時に、きついフッキングが出来なくなります

難しい選択ですが、これからエギングを始めようと考えている方は

スタート時は細いPEラインを使用する事は、船長はお勧めしません

腕前が上達してきて細いPEラインを使用するのは大丈夫ですが

ドラグ調整等でかなりのテクニックが必要となりますので、スタート時はあまり細いPEラインは避けましょうね

ちなみに船長のPEラインは1号ですよ

イカを掛けたら必ず仕留める!!どんなモンスターが掛かっても引きずり出すぞ!! (笑)

せっかく大物が掛かったのに、ラインが細すぎて切れた!! 

年間で3kgを超えるモンスターがヒットする回数は知れています

1回もヒットしない年もあるくらいなのに、ヒットした時の準備だけはしておくべきだと思いますよ

風がある時にラインを海面の自分から見てどの方向におさめるかで釣果も変わってきますよ

頑張って試行錯誤してみて下さいね 






スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
空風のフェイスブック
フェイスブックもやっております。
エギングトーナメント

2014トーナメントは上記のバナーをご覧ください。




2013トーナメント内容



2012トーナメント内容



空風の釣果写真
空風の釣果写真

空風の釣果写真です。



旧釣果写真(Picasa版)

フィッシングボート空風

フィッシングボート空風

キャプテン:村上

キャプテンの村上です。
南紀田辺での楽しいボートフィッシングをご提供します。

対象魚:アオリイカ、メジロ、ブリ、ヒラマサ、シイラ、マダイetc...

キャプテンより
アオリイカをメインにキャスティングゲームを楽しみますが、エギ以外にジグ、ミノー、インチク、鯛カブラなどにも対応します。

救命胴衣、ケガ防止のサングラス・メガネなどは各自持参してください。
フィッシングボート空風の紹介動画★週刊「釣場速報」 ★人気動画★
●アオリイカのしめ方&墨抜き

●アオリイカの捌き方

空風の動画
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
潮汐表
Yahoo!天気情報
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
釣り情報ポータルFish/up!