ボートエギング・ジギングの フィッシングボート空風(そらかぜ)

ポイント紹介

沖ノ島



今日は田辺湾のポイントをご紹介しますね

数が多いので、今日はまず天神崎沖の2つのポイントをご紹介します




沖ノ島



沖ノ島



沖ノ島



天神崎から沖合を見ると、1番遠くに見える島が写真の沖ノ島です

この島に渡る渡船は天神崎入口の目良から出ています

もちろん1級のイカ狙いのポイントですが、意外とエギングで勝負する釣り師はいてません

ほとんどが魚狙いのお客さんばかりで、その方がたまにエギングしてる程度です

ヤエン師の方がたまに乗っていますが、たいてい船長の知り合いの方です (笑)

ここは大きなイカが狙えるポイントなのですが、釣果が公開されていないのでイカ狙いのお客さんが少ないんです

エギングでも攻める事は可能ですが、渡る島によって根がかり連発になるので

ポイントがわからなければ、エギはいくつあっても足りません

島廻りの水深は5m~10m ボートからキャスティングで攻めるにはもってこいのポイントです

磯が低いので、大潮周りの満潮時は限られたポイントにしか入れません

島廻りにポイントが点在しているので、ボートから狙うのは限られたポイントではなく

浅場から深場まで、じっくり腰を据えて狙える1級ポイントですね




灘島



灘島



灘島



天神崎と沖ノ島の間にあるのが写真の灘島です

ここは船長がよく渡船で渡り1日エギングで楽しんでいた島です

エギングで攻めるのは3方向が攻めれます

島廻りの水深は10m程度 ここも大きなイカが狙えるポイントです

船長が初めて3kgオーバーを、キャスティングで仕留めたのがこの島です

北西風がきつい日でしたが、ドカンときたのは3500gでした

ここは沖ノ島ほど根がかりはありません

この島も低い磯なので、大潮満潮時は限られたポイントにしか入れませんので注意です

船長が空風を始める前、この島だけで秋の新子は70匹は釣り上げていました

春のモンスターの実績も多く、ここも腰を据えてじっくり勝負できるポイントですね

まだまだ田辺湾には1級のポイントが点在しています

写真で紹介できるポイントは限られてきますが、各ポイントごとに狙い目があります

また紹介できるポイントをアップするようにしますね 






居付きのイカと回遊型のイカ

6寸エギ



今日も北風が強く、海は出船して勝負できる状況ではありません

昨日がピークかと思っていましたが、まだまだ油断は出来ない寒さが続きそうです

今晩からも雪の恐れがあるようで・・・・

TVを見ていても関西各地で積雪になっていますからね

本当に春が待ち遠しくなります

写真はこの前にアップした6寸のエギ

船長!!あんなエギ売ってるの  いったい何gあるの 

けっこう反響がありましたね!!

購入しても、持っているエギングロッドで使用できる代物じゃないよ!!とアドバイス

ちなみに6寸のエギの重さは68gですからね (笑)

こんなエギを本気でフルキャストしたりしゃくり上げたら、間違いなくロッドが悲鳴を上げますからね




沖合に出れない間は、しばらくエギング講座でもしますので少しでも参考にして下さいね

今日は居付きのイカと回遊型のイカについて書いておきますね

居付きのイカとは、ある程度大きくなって行動範囲があるポイントに絞られるようなイカです

とくに産卵を意識したイカは、そのポイントから離れていきません

このようなイカは、投げ入れたエギを頻繁に見ているですよね

俗に 「すれたイカ」 などと言いますよね

ポイントに入りエギを何度も投げ入れてしゃくり続けているのに、全く反応もなく気配すらない状態

そんな状況なのに。ヤエン師の方がアジを投げ入れたらアタリが!!

地磯でよくあるパターですよね

今日は全くエギには反応してこないわ!!と退散して他のポイントへ・・・・

このようなイカをどうやって仕留めるのか 

船長も確実な方法はまだ見当たりません (笑)

しかし、少し見えてきているのは通常の誘い方ではのってきませんがステイ方法を変えると

ヒットする事がよくあるのです

こんな時は大抵小さな前アタリが必ずあります

エギを抱いたアタリではなく、触腕で触れただけのような小さなアタリです

微妙なアタリですが、慣れてくると確実にわかるようになります

エギに触れたイカは、必ずそのエギの後方から付いてきています

このイカはエギをシャクリ上げてもヒットしてきません

ボトムや岩などに定着した状態でステイさせておきます

その位置から離さず微妙に震えるような誘いも効果的です

イカのアタリは決まって、エギを抱いて後ろ方向持っていきますのでここでフッキングです

このフッキングが外れると2度と抱いてはきません

いつも行くポイントでも攻め方ひとつで、釣り漏らしていたイカが仕留めれるようになりますよ

そんないつも攻めているポイントで、シャクリ上げたらラインをめくるように綺麗なアタリが!!

そんな時は回遊型の今まで居なかった、新しいイカが入ってきている証拠です

必ず群れで入っているはずなので、そんなアタリが出た日は数釣りが楽しめますよ!!

船長のように毎日ポイントを廻れるなら、アタリを見極める事ができますが

月に数回程度の釣行では難しい事ですよね

確実に言える事は、イカのアタリが鮮明に出たら潮がいい イカの活性がいい 新しい群れが入った

イカののりが悪くアタリが出ない時は、ボトム近辺を小さく攻めて探る事です

乗船した時は船長がアドバイスしますが、地磯等を攻める時には基本として覚えておけば釣果が変わりますよ






気になっているカラー

天神崎



天神崎



最強寒波の影響がやはり出てきています

強い北寄りの風が音をたてて吹き荒れています

沖合はウサギが跳びまくり真っ白 天神崎も写真のような風波が・・・・

お昼で風速18mの風が吹き荒れています

積雪はありませんが、明日の朝が心配ですね

寒波が抜けるのを待つしかありません




緑ベース



今日は最近、船長が気になっているカラーについて書いておきますね

写真は船長がタコ釣りに使っているエギと、魚釣りにも利用するタコベイトです

空風スペシャルのベイトバージョンにも使用するタコベイト

最近気になっているカラーと言うのが、写真のグリーンカラーなんです

昨年はタコ釣りでも、1番ヒットしたカラーが写真のエギ

魚釣りの調査でもグリーンのタコベイトはよくヒットするんです

たまたまかもしれませんが、もっと調べてみる価値は充分ありそうです

と言うのが、今日のように海が大荒れの時に地磯に行って生えているアオサを取ります

そのアオサを針に付けて、磯際を攻めると大きな魚がヒットしてきます

アオサなので餌取りの心配もなく、ウキが海中に舞い込めば8割以上の確率で大物が喰っています

あまり知られていない釣りですが、餌は磯にあるしくれば大物ばかりなので面白いんです

ワカメなどは湯掻くと綺麗な緑色になりますが、海中ではどちらかと言えば茶色系ですよね

アオサ等はそのまま緑色をしています

このカラーがイカにも効果があるのでは 

タコも魚も喰ってくるなら、間違いなくイカにも効くはずだと気になっているのです

ただグリーンベースのエギがなかなか見つからない 

確かスイカカラーのエギは、春によく大物がヒットした記憶があるのです

これも今シーズンに調査してブログにアップするようにしますね

最強寒波の影響は今晩から明日にかけてが1番出るはずです

車に乗られる方は気をつけて下さいね!!






エギの動かし方

エギ



最強寒波の影響がもっとも出るのが、明日と明後日になりそうです

関西の平野部でも積雪の恐れがありますので、用事がない限りこんな日は家で過ごしましょうね

田辺でも積雪する恐れがありますので、なるでく用事は今日中にすませ出ていかにようにします

と言うのも、積雪に慣れていない田辺の方々の車には普通のタイヤがつけてあります

スタッドレスタイヤを装備されている方は、山間部の雪が積もる区域の方くらいです

だから積雪すると田辺は、慣れていない雪や凍結で事故が多発するんです

いつものように車を運転するので、滑ってしまい事故につながるんですよね

雪が解けてしまうまでは外出しないのがベストなんです

明日と明後日は暖かくして注意して下さいね!!




今日はエギの動かし方について書いておきますね

写真左のエギは4寸のエギです

右のエギが6寸のエギ!! こんなエギを見るのは初めての方もいるでしょうね

こんなエギ、キャストも出来なければしゃくる事も出来ないやん!!

そう考えるのが普通ですよね

ところが漁師の方々がよく使用しているのが、こんな大きさのエギが多いのです

硬いロッド、または手釣りで船から落として、ボトムに着いたら上下させるだけ・・・

手が疲れる程動かしていたら漁になりませんから、適度に動かす程度です

深い場所や潮が速ければ、中錘を付けたりしてボトムに落としていきます

これにイカがのってくるんです

よく考えてみて下さいね!! 漁師さんは遊びでイカを釣っているのではありません

生活の為に1匹でも多くイカを釣り上げている訳ですよね

この大きなエギが、海中でダートしたりバンバン動いていなのは理解できますよね

エギをバンバン動かして、その動きでイカにスイッチを入れて喰わす

と言う考え方は 

ナイトエギングでもわかる事なんですが、しゃくらずにボトムを引いてくるだけでイカはのってくるんです

魚の動きが遅くなる夜ではなおさらの事なんです

エギをバンバンしゃくり続けている方が多いですよね

イカの活性が良くても、悪くてもいつも同じようにしゃくり続けて攻めておられます

イカの活性はアタリを見れば判断する事ができます

しゃくった後にラインのふけを取ります とったと同時にラインをめくるようにアタリを出してイカがヒットする

こんな時は活性がよく、イカはバンバン動いてエギを抱きにきています

こんな日は、エギをより高くしゃくり上げて遠くのイカに見えるようにアピールさせます

ボトムでしかのってこない日 しゃくったらのっていた!!と言うような日です

こんな日にエギをバンバン跳ね上げてしゃくっても意味がありません

イカは動いてないのですから、跳ね上がったエギを見てるだけです

自分の近くに落ちてきたら逃がさないように押さえるから、しゃくる時にのっている訳なんです

イカの乗りが悪い日は、エギをしゃくり上げずにボトム周辺を細かく攻めていきます

同じポイントで小刻みにエギを動かすのも効果があります

手首だけでチョコチョコ動かす感じです

ボートエギングでも同じポイントに投げ入れる方が多いのですが、できればあちこちに投げ入れるのがベストです

イカは自分中心に約20mは全方向が見えていると言われます

それから考えても、最初に投げ入れたポイントから20mは離して探っていくのがベストですよね

キャスティングでアオリイカを釣るのは夢があります

アオリイカ対自分のスキルの差がはっきりわかるから楽しいんです

スキルをあげて考えてエギングをして、その考えが見事に当たりモンスターがヒット!!

最高の瞬間ですよね!!

釣れたのではなく、釣り上げた!!を目指して頑張って下さいね

船長でよければ解っている限りアドバイスはさせて頂きます

自分流で攻めるのも良し!!

船長からアドバイスをもらって1番近道でイカを仕留めるのも良しです

エギングはなんでもありですから、間違った事さえしなければイカは仕留めていけます

その間違っている事に早く気がつけば近道になりますよ





狙い目

エギ



予報通り強い風が朝から吹いている田辺湾

ピークは週末になりそうですから、もしかしたら田辺でも雪が積もる事になるかも・・・

海は釣りに出れる状況ではありませんのでここは我慢ですね

昨日も書きましたが、水温がやっぱり上がってきています

ブログのリンク先の 「観測塔データー」 を見てもらえれば、田辺湾の5m ・ 10mの水温が見る事ができます

これをチェックするのも釣果につながる情報ですので、是非活用して下さいね

これだけ北西風がきついのに、水温が上昇してきているのは暖かい潮が入ってきている証拠です

接岸している黒潮の暖かい潮が、間違いなく田辺湾にも入ってきています

この潮にのって必ず多くのアオリイカも入ってきているはずですね

来週の風が穏やかになる日が狙い目になると、船長は思っています

来週の後半に雨模様になる日があれば、その1日~2日前が狙い目の日です

雨が降らなくて天気が続くようなら、風が穏やかになる日は厳しいかも・・・

たぶん2kgサイズはもちろん、3kgサイズも入ってきていると船長は読んでいます

予想があたれば数釣りがキャスティングでも楽しめるはずです

これを期待して、強烈な寒波が抜けるのを待ちましょうね!!



今日はエギによく貼るアワビシートについて書いておきますね

アピール度が上がるから貼っていると言う方が多いようです

船長がアワビシートを貼る理由はとても簡単な事で

アオリイカがヒットした時に、必ずと言っていい程アワビシートが貼ってある部分をかじっています

これからアオリイカのサイズもどんどん大きくなってきます

エギを横抱きしていて、タモ入れ寸前に手を離されて逃がしてしまう事も多々起こります

エギのカンナ部分にきっちりかかっていないので、手を離されるとどうしようもありません

これを少しでも防ぐ為に、船長は写真を見れもらえればわかるように

カンナの上部にアワビシートを貼っています

この部分に貼れば、ここを噛みにきますので合わせを入れれば

ほぼ確実にカンナにフックさせる事ができます

イカのサイズが大きくなればなる程、強いフッキングが必要になる時期になります

せっかくヒットさせたのにフッキングできてなくて、海に帰って行くイカを見るのは悔しいですよ

年間に3kgオーバーのアオリイカをヒットさせる回数は数えられる程度です

その少ないヒットを確実なものにするには、色々と手を抜かずやっておく事があります

ラインのチェックもその一つですよね

何気なく使い続けていたラインがささくれていた

リーダーにキズが入っていたのに気がつかなかった

ドラグの調整を忘れて、ゆるゆる状態で勝負していてフッキングが出来なかった

こんな些細な事を見逃した時に、意外とモンスターがヒットしてくるんですよね

掛けた獲物は確実に獲る!!

この時期から必要になってくる心構えです

秋の新子のように数釣りを楽しむシーズンではないので、日頃から1投ごとにチェックする癖をつけて下さいね

冒頭にも書きましたが、いい潮が入ってきています

アオリイカはもちろん、魚も楽しめる釣果が出るはずです

来週の風が穏やかになった時に勝負賭けましょうね!! 

船長は1月からキャスティングで3kgオーバー狙っています 








02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
空風のフェイスブック
フェイスブックもやっております。
エギングトーナメント

2014トーナメントは上記のバナーをご覧ください。




2013トーナメント内容



2012トーナメント内容



空風の釣果写真
空風の釣果写真

空風の釣果写真です。



旧釣果写真(Picasa版)

フィッシングボート空風

フィッシングボート空風

キャプテン:村上

キャプテンの村上です。
南紀田辺での楽しいボートフィッシングをご提供します。

対象魚:アオリイカ、メジロ、ブリ、ヒラマサ、シイラ、マダイetc...

キャプテンより
アオリイカをメインにキャスティングゲームを楽しみますが、エギ以外にジグ、ミノー、インチク、鯛カブラなどにも対応します。

救命胴衣、ケガ防止のサングラス・メガネなどは各自持参してください。
フィッシングボート空風の紹介動画★週刊「釣場速報」 ★人気動画★
●アオリイカのしめ方&墨抜き

●アオリイカの捌き方

空風の動画
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
潮汐表
Yahoo!天気情報
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
釣り情報ポータルFish/up!