ボートエギング・ジギングの フィッシングボート空風(そらかぜ)

エギング講座

餌木



今日は春イカ退治に備えてエギング講座です 

今日は実践的な事を書いておきますね

春イカ退治に使用するエギの大きさは自由です

船長は春シーズンに突入すると、1番使用する大きさのエギは4.5寸

3kgを超えるモンスターになると、4.5寸のエギは小さい物ですからね

エギンガーの方々が1番しようするエギの大きさは3.5寸だと思います

春のモンスター狙いは多いなエギでないとダメなの 

全く3.5寸のエギでも大丈夫ですが、船長が使用する理由はアピール度の違いだけです

それと大切なのは自分が使用しているロッドが、どのサイズのエギまで使用可能なのかが大切です

柔らかいロッドで大きなエギを使用したら、穂先が折れたりトラブルの多発に繋がります

覚えておいて欲しい事は、夕方以降に暗くなってからは1サイズ大きなエギを使用するのがベストです

暗くなってくるとイカはエギをカラーではなく、シルエットでとらえるようになります

シルエットなので1サイズ大きくすれば、シルエットが大きくなるので効果がでます

今日は実践的な考え方を書いておきますね

高度なテクニックではなく、考えれば理解できる事ですから頭に入れておいて下さいね

イカはしゃくり上げている途中でエギは捕食しません

イカが捕食行動を起こすのは、エギをしゃくり上げたトップからボトムに着底する間ですね

エギで海中に山を描くと考えるなら、イカが捕食行動を起こすのは下りの山道

降り切ったボトムで捕食行動を起こす時もあります

難しい事は抜きにしますね

自分がキャストしてエギをピックアップするまでに、山を何個作るのかを考えてみて下さい

10m程投げてエギをピックアップするまでに、作れる山の数と20m投げて作る山の数

当たり前ですが、20m投げる時の方が多く山はできます

その数だけイカがヒットするチャンスがある訳です

おかっぱリなら、みなさんより遠くにキャストしますよね

ボートエギングでも同じ事なのです

どうすればエギがより遠くにキャスト出来るのか 

リーダーをシンカーに沿わせてエギを半回転させ、エギの背中ラインからカンナに掛けてキャスト

こうすれば自分でも驚く程エギは飛距離がアップします

この方法は簡単ですが文章で書くと、理解できにくいですよね

空風に乗船した方々ならわかると思いますが・・・・

また機会があれば動画で撮ってアップするようにしますからね

理解して頂きたい事は、山の数を多く作ればチャンスが多くなると言う簡単な事です

それも同じところに山を作るのではなく、方向を色々変えて山を沢山作ればチャンスも多くなります

よく乗船されるお客さんが 「船長!!ロッドをしゃくったらチュンチュン大きな音が出せるようになりたいんです!!」

エギンガーの方々にはよくある質問なんです

シャクル音が大きく響けばカッコいいですからね

ただシャクル音が大きくなれば、イカが良く釣れると言う事ではありませんので・・・(笑)

まずは簡単な事ですが、使用するロッドが柔らかい程音は大きくなります

竹ひごと料理のさえばしを比較すればわかりやすいかと思います

竹ひごなら片手で振ればピュンピュンすぐに音が出ます

さえばしなら  よほどはしをしならせない限り音は出ません

硬いロッドほど音は出にくい事を覚えておいて下さい

船長は驚くほど硬いロッドを使用していますが、ビックリするほど音が出るのは

力でロッドをしゃくっているのではなく、ロッドのグリップエンドの使い方なんです

ロッドのブリップエンドを使用する方は少ないと思います

このグリップエンドを逆手で持って、拳を前に出すように下から上へ引き上げます

これも空風に乗船した方ならすぐに理解できる事なのですが、書いて説明するのはやはり難しいなぁ (笑)

これも動画を撮ってアップする対象ですね (笑)

ただこのシャクリ方だと2回か3回しかエギはしゃくれません

なのになぜ船長はよく釣りの  となりますよね

このシャクリ方だと2回だけでも、エギが上方向に移動する距離はかなりの距離になるんです

エギをダートさせる方がアピール度が大きいのじゃないの  と思いますよね

イカが1番反応するエギの動きはダダ巻きなんです

秋の新子釣りの時に、エギをキャストしてボトムに着底したらダダ巻きで手元まで引いてみて下さい

小さなイカがワンサカ追ってきますよ

エギにひらを打たす事が出来れば最高にイカは反応します

これも文章に書くのは難しいので・・・・(笑)

また春本番までに動画撮影も考えておきますね 







水温上昇!!

天神崎



天神崎



8泊9日で列島に滞在していた最強寒波も抜けて、やっと通常の田辺湾に戻ってきました

一時は上昇して期待していた水温も、低い時は14℃台まで下がっていた田辺湾

昨日から黒潮が接岸してきて、水温が上昇しています 

水深5m ・ 10mでも水温は19℃台まで上昇!!

ワクワクする水温になってきていますね

急激に水温が変化すると、魚も喰いが落ちてしまいます

この水温が2~3日安定して続いたら勝負ですね!!

暖かい潮にのって確実に新しい群れが入ってきていますよ

昨年秋からアオリイカは好調だったので、大きなサイズが充分混じっているはずです

2kgクラスはわんかさ入ってるでしょうね 狙っているのはもちろん3kgオーバー!!

狙って釣れる物ではありませんが、フィールドに居てるはずだと思えば力が入りますよね

例年、春のモンスター狙いは3月がスタートですが、今年はかなり早いはずです

エギンガー夢の3kgオーバー確保!!キャスティングで仕留める最高の獲物です




今日は意外とやっている方が多い、間違ったエギングについて書いておきますね

エギングの基本はエギがボトムに着底するのがわかる事です

これは1回でわかるようになるものではありません

風や潮がきつければ、それだけ着底を感じるには難しくなります

静かな内海でロッドを持つ手で、着底を感じるように練習するのが近道です

これは船長がブログで何度も書いている事です

全てに通じる大切な事なので、これに1番時間を費やして着底を感じる手を作りあげて下さい

これさえ出来るようになると、あとは意外と簡単な事ばかりですからね

さて、今日はそんな簡単な事に一つですが・・・・

着底したエギをシャクル時の事です

よくシャクリ始める前に、ラインのフケを取ってからシャクル方が大勢見られます

エギの重さが最初からのるので、シャクった感があるからだと思います

これでもイカはのってはきますが・・・・

人が10匹釣り上げているのに、ラインのフケを取ってシャクルとこれだけの事で半分もイカは釣れません

活性が良ければ喰ってきますが、やはり他の人より釣果は落ちてしまうのです

シャクル前にラインのフケを取っている方のリーダーは

エギから10cm程はザラザラになって傷がつく事が多いはずです

糸ふけをなくしているので、エギはライン方向にしか動きません

つまり跳ね上がっていないのです

ライン方向にしか動かないので、障害物に当たり傷が多くなるのです

跳ね上がらないエギはアピール度が低いので、他の人のエギにばかりイカはヒットしてしまいます

ラインのフケを取るのは、シャクリあげた後だけでそれ以外は一切リールに触れない事です

ラインにスラッグが出ているから、エギは跳ね上がって上方向に動いてくれるのです

たったこれだけの事で、年間を通したらかなりの数のイカを逃がしているのです

たまに釣れてしまうから、間違っている事に気がつかないんですよね

シャクル前にラインのフケを取っていた方は試してみて下さい

今まで以上の釣果が必ず出せるようになりますよ 






ポイント紹介

沖ノ島



今日は田辺湾のポイントをご紹介しますね

数が多いので、今日はまず天神崎沖の2つのポイントをご紹介します




沖ノ島



沖ノ島



沖ノ島



天神崎から沖合を見ると、1番遠くに見える島が写真の沖ノ島です

この島に渡る渡船は天神崎入口の目良から出ています

もちろん1級のイカ狙いのポイントですが、意外とエギングで勝負する釣り師はいてません

ほとんどが魚狙いのお客さんばかりで、その方がたまにエギングしてる程度です

ヤエン師の方がたまに乗っていますが、たいてい船長の知り合いの方です (笑)

ここは大きなイカが狙えるポイントなのですが、釣果が公開されていないのでイカ狙いのお客さんが少ないんです

エギングでも攻める事は可能ですが、渡る島によって根がかり連発になるので

ポイントがわからなければ、エギはいくつあっても足りません

島廻りの水深は5m~10m ボートからキャスティングで攻めるにはもってこいのポイントです

磯が低いので、大潮周りの満潮時は限られたポイントにしか入れません

島廻りにポイントが点在しているので、ボートから狙うのは限られたポイントではなく

浅場から深場まで、じっくり腰を据えて狙える1級ポイントですね




灘島



灘島



灘島



天神崎と沖ノ島の間にあるのが写真の灘島です

ここは船長がよく渡船で渡り1日エギングで楽しんでいた島です

エギングで攻めるのは3方向が攻めれます

島廻りの水深は10m程度 ここも大きなイカが狙えるポイントです

船長が初めて3kgオーバーを、キャスティングで仕留めたのがこの島です

北西風がきつい日でしたが、ドカンときたのは3500gでした

ここは沖ノ島ほど根がかりはありません

この島も低い磯なので、大潮満潮時は限られたポイントにしか入れませんので注意です

船長が空風を始める前、この島だけで秋の新子は70匹は釣り上げていました

春のモンスターの実績も多く、ここも腰を据えてじっくり勝負できるポイントですね

まだまだ田辺湾には1級のポイントが点在しています

写真で紹介できるポイントは限られてきますが、各ポイントごとに狙い目があります

また紹介できるポイントをアップするようにしますね 






居付きのイカと回遊型のイカ

6寸エギ



今日も北風が強く、海は出船して勝負できる状況ではありません

昨日がピークかと思っていましたが、まだまだ油断は出来ない寒さが続きそうです

今晩からも雪の恐れがあるようで・・・・

TVを見ていても関西各地で積雪になっていますからね

本当に春が待ち遠しくなります

写真はこの前にアップした6寸のエギ

船長!!あんなエギ売ってるの  いったい何gあるの 

けっこう反響がありましたね!!

購入しても、持っているエギングロッドで使用できる代物じゃないよ!!とアドバイス

ちなみに6寸のエギの重さは68gですからね (笑)

こんなエギを本気でフルキャストしたりしゃくり上げたら、間違いなくロッドが悲鳴を上げますからね




沖合に出れない間は、しばらくエギング講座でもしますので少しでも参考にして下さいね

今日は居付きのイカと回遊型のイカについて書いておきますね

居付きのイカとは、ある程度大きくなって行動範囲があるポイントに絞られるようなイカです

とくに産卵を意識したイカは、そのポイントから離れていきません

このようなイカは、投げ入れたエギを頻繁に見ているですよね

俗に 「すれたイカ」 などと言いますよね

ポイントに入りエギを何度も投げ入れてしゃくり続けているのに、全く反応もなく気配すらない状態

そんな状況なのに。ヤエン師の方がアジを投げ入れたらアタリが!!

地磯でよくあるパターですよね

今日は全くエギには反応してこないわ!!と退散して他のポイントへ・・・・

このようなイカをどうやって仕留めるのか 

船長も確実な方法はまだ見当たりません (笑)

しかし、少し見えてきているのは通常の誘い方ではのってきませんがステイ方法を変えると

ヒットする事がよくあるのです

こんな時は大抵小さな前アタリが必ずあります

エギを抱いたアタリではなく、触腕で触れただけのような小さなアタリです

微妙なアタリですが、慣れてくると確実にわかるようになります

エギに触れたイカは、必ずそのエギの後方から付いてきています

このイカはエギをシャクリ上げてもヒットしてきません

ボトムや岩などに定着した状態でステイさせておきます

その位置から離さず微妙に震えるような誘いも効果的です

イカのアタリは決まって、エギを抱いて後ろ方向持っていきますのでここでフッキングです

このフッキングが外れると2度と抱いてはきません

いつも行くポイントでも攻め方ひとつで、釣り漏らしていたイカが仕留めれるようになりますよ

そんないつも攻めているポイントで、シャクリ上げたらラインをめくるように綺麗なアタリが!!

そんな時は回遊型の今まで居なかった、新しいイカが入ってきている証拠です

必ず群れで入っているはずなので、そんなアタリが出た日は数釣りが楽しめますよ!!

船長のように毎日ポイントを廻れるなら、アタリを見極める事ができますが

月に数回程度の釣行では難しい事ですよね

確実に言える事は、イカのアタリが鮮明に出たら潮がいい イカの活性がいい 新しい群れが入った

イカののりが悪くアタリが出ない時は、ボトム近辺を小さく攻めて探る事です

乗船した時は船長がアドバイスしますが、地磯等を攻める時には基本として覚えておけば釣果が変わりますよ






気になっているカラー

天神崎



天神崎



最強寒波の影響がやはり出てきています

強い北寄りの風が音をたてて吹き荒れています

沖合はウサギが跳びまくり真っ白 天神崎も写真のような風波が・・・・

お昼で風速18mの風が吹き荒れています

積雪はありませんが、明日の朝が心配ですね

寒波が抜けるのを待つしかありません




緑ベース



今日は最近、船長が気になっているカラーについて書いておきますね

写真は船長がタコ釣りに使っているエギと、魚釣りにも利用するタコベイトです

空風スペシャルのベイトバージョンにも使用するタコベイト

最近気になっているカラーと言うのが、写真のグリーンカラーなんです

昨年はタコ釣りでも、1番ヒットしたカラーが写真のエギ

魚釣りの調査でもグリーンのタコベイトはよくヒットするんです

たまたまかもしれませんが、もっと調べてみる価値は充分ありそうです

と言うのが、今日のように海が大荒れの時に地磯に行って生えているアオサを取ります

そのアオサを針に付けて、磯際を攻めると大きな魚がヒットしてきます

アオサなので餌取りの心配もなく、ウキが海中に舞い込めば8割以上の確率で大物が喰っています

あまり知られていない釣りですが、餌は磯にあるしくれば大物ばかりなので面白いんです

ワカメなどは湯掻くと綺麗な緑色になりますが、海中ではどちらかと言えば茶色系ですよね

アオサ等はそのまま緑色をしています

このカラーがイカにも効果があるのでは 

タコも魚も喰ってくるなら、間違いなくイカにも効くはずだと気になっているのです

ただグリーンベースのエギがなかなか見つからない 

確かスイカカラーのエギは、春によく大物がヒットした記憶があるのです

これも今シーズンに調査してブログにアップするようにしますね

最強寒波の影響は今晩から明日にかけてが1番出るはずです

車に乗られる方は気をつけて下さいね!!






04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
空風のフェイスブック
フェイスブックもやっております。
エギングトーナメント

2014トーナメントは上記のバナーをご覧ください。




2013トーナメント内容



2012トーナメント内容



空風の釣果写真
空風の釣果写真

空風の釣果写真です。



旧釣果写真(Picasa版)

フィッシングボート空風

フィッシングボート空風

キャプテン:村上

キャプテンの村上です。
南紀田辺での楽しいボートフィッシングをご提供します。

対象魚:アオリイカ、メジロ、ブリ、ヒラマサ、シイラ、マダイetc...

キャプテンより
アオリイカをメインにキャスティングゲームを楽しみますが、エギ以外にジグ、ミノー、インチク、鯛カブラなどにも対応します。

救命胴衣、ケガ防止のサングラス・メガネなどは各自持参してください。
フィッシングボート空風の紹介動画★週刊「釣場速報」 ★人気動画★
●アオリイカのしめ方&墨抜き

●アオリイカの捌き方

空風の動画
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
潮汐表
Yahoo!天気情報
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク
釣り情報ポータルFish/up!